Subscribe via RSS Feed

Category: み言の学校

勉強すれば未来が保証される

<成和学生会報2017年2月号掲載>


未来のために生きる人

皆さん、勉強をなぜするのでしょうか。学校は、今日のために行くのですか?(未来のために行きます。)皆さんは、未来のためですか?(はい。)私は分かりません。(笑い)

愛天 ~祈り~

<成和学生会報2017年2月号掲載>


祈祷をする目的

祈祷には主題がなければならず、目的がなければなりません。祈祷する時、誰のためにしますか。これが問題です。誰のために祈祷しますか。

神様は、どのような祈祷を喜ばれるでしょうか。

文妍娥様のメッセージ(後半)

<成和学生会報2017年1月号掲載>

 

 

真のお母様に伝えたいこと

毎年、中和文化祭を見るたびに発展しているなと感じます。皆さんは普段学校に通いながら、どれだけ一生懸命準備したのだろうかと改めて感じます。本当に立派だと、去年より発展している皆さんを見て嬉しく思います。

侍る生活

<成和学生会報2017年1月号掲載>

 

 

神様に侍るということ

これから皆さんは、侍る生活をしなければなりません。今までは信じることによって救いを得る信仰生活をしていましたが、これからは侍ることによって救いを得る時代です。

文妍娥様のメッセージ(前半)

<成和学生会報2016年11・12月合併号掲載>

 

 

ごあいさつ

愛する成和学生の皆さん、こんにちは。お会いできて嬉しいです。短いですが、日本語であいさつを少し準備しました。 「(日本語で)今日は皆さんの発表がとても良かったです。私は本当に感動しました。ありがとうございました。」(拍手)

召命の人生

<成和学生会報2016年11・12月合併号掲載>

 

 

神様からの召命

神様は、私たちの真の父母です。真の家庭の王、真の国の王、真の世界の王が私たちの父母様です。その方に侍ることのできる千年太平時代を迎えなければなりません。この地上で父母様に侍り、千年、万年生きるという希望を成就する各自の使命と召命的目的があることを知らなければなりません。

愛国 ~感謝する生活~

<成和学生会報2016年11・12月合併号掲載>

 

神様に感謝する心

信仰生活の本質とは何でしょうか。神様に感謝する心です。それが、堕落の因縁を越えて神様と私が一つの因縁で結ばれる基になるのです。自分がこの世の中で良い立場に立って、初めて感謝しなければならないのですか。違います。

使命を果たすための決意

<成和学生会報2016年10月号>

 

私たちの責任

尊敬する内外の貴賓、平和大使、全世界の祝福家庭、食口の皆様!愛しています。
私たちは聖和3周年の際、真のお父様に、「地上における責任は私たちが果たしますので、お父様は本郷苑において、これまで孤独であられた天の父母様を慰労され、頌栄の対象として自由の身となってください!」と申し上げました。覚えていますか。

愛国 ~言語と文化~

<成和学生会報2016年10月号掲載>

 

伝統からつくられる愛・生命・血統

一つの愛、一つの生命、一つの血統、この三つを中心とするようになる時に伝統が立てられます。それでは、その伝統は、どのようにつくられるのでしょうか。文化によってつくられるのです。それでは、文化は何によって代表されるのでしょうか。

皆さんが歴史の主人公です

<成和学生会報2016年9月号掲載>

 

独り子・独り娘という立場

会えて嬉しいです。皆さんがどれくらい⽴派に成⻑したのかを知りたかったのです。歴史的であり、後にも先にもない意味深い時であることを皆さんは知っているでしょう?