Subscribe via RSS Feed

宮城教区成和学生会

<成和学生会報2017年1月号掲載>

 

 

全国の兄弟姉妹の皆さんお元気様です!!私たちは宮城教区成和学生会です。
宮城教区成和学生部は2016年4月から新たな成和学生部長を迎え、新しい体制でスタートをしました。その中で、今までの取り組みを整理し、それらを土台とした上で全国においておこなわれている成和学生部の方針に取り組んでいきました。


まずは平日の原理み言学習会の時間を持ち、一週間の中で礼拝以外にみ言を学ぶ期間を増やしながら、み言によって自身の環境を整理し、良心の声を聞く投入をしていきました。また、学習会や成和学生大会の競技練習に参加することで、“神様、真の父母様の為に投入する”という基準とは何なのかを身をもって感じる時間を増やしていきました。
このような活動に参加することで、これまでにない“喜び”を感じる機会になっています。天の為、より大きな目的の為に真剣に取り組むことがこんなにも“楽しい!!”ということに気づくことで成和学生一人ひとりの意識にも変革が起こるようになってきました。
また、外的にも様々な基準の学生たちが同じ教育を受けていたので、その教育体制が見直され、それぞれにあった教育段階の修錬会や研修会がおこなわれるようになりました。2016年の夏だけでも、12回の修錬会がおこなわれ、各段階に合った教育を受けることにより、教育整備がされてきています。
そして、9月までの大きな変革の中で迎えた中和文化祭では、本当に素晴らしいものを捧げることができました。2地区でおこなわれた文化発信型の中和文化祭において、一人ひとりが主人として行動することで、67名の友人知人に来場していただくことができ、真の父母様の存在を多くの方に伝えることができました。
また、この変革における宮城教区の一つの証として、中和文化祭東日本大会のエンターテイメント部門において優勝することができました。
この栄光を天にお捧げし、さらに天の願いに応えることのできる宮城教区成和学生会になるために、これからも一生懸命努力していきます!

 

Tags:

Category: 二世特集!