Subscribe via RSS Feed

文妍娥様のメッセージ(後半)

<成和学生会報2017年1月号掲載>

 

 

真のお母様に伝えたいこと

毎年、中和文化祭を見るたびに発展しているなと感じます。皆さんは普段学校に通いながら、どれだけ一生懸命準備したのだろうかと改めて感じます。本当に立派だと、去年より発展している皆さんを見て嬉しく思います。このように1位から3位までしか賞をあげられないので残念に思いますが、皆さんにとって本当に重要なことは、このように準備しながら学んだことや感じたことが、皆さんがもらう賞よりももっと大切で、後に宝になるということをよく覚えておいてください。私が今回真のお母様に中和文化祭の報告をする時には、皆さんが立派で誇らしく、真の父母様を愛する心で熱心に準備して発展していることや、日本の成和学生について心配をしなくても良いですよ、もっと期待していいですよ、とお伝えします。

 

中和文化祭の5つのテーマ

皆さん、今日の中和文化祭のテーマが5つありましたよね。この5つのテーマは全てつながっています。一つ目が“神様の愛”。神様の愛は真の愛です。二つ目が“為に生きる”ですよね。そして、神様を愛する、為に生きる個人が出会って“理想家庭”を成していきますよね。理想家庭を成した人々、そして理想家庭の構成員である皆さん子女たちは、いつも生活の中で神様に侍って生きます。“良心”を通して神様と対話しながら、感じながら、神様の基準を学びながら生活します。このように天の父母様を中心とする良心を基準にして生きる皆さんが、“成和学生”ですよね。
皆さん、真のお父様は良心について何と語られたかと言うと、“神様の血統と連結されている縦的な私”が良心であると説明してくれました。少し難しい内容です。大丈夫ですか?私たちの良心は、言い換えると本心、あるいは生心と言うことができます。それは、天の父母様と連結されている、そのような心ですよね。ですから、天の父母様の前に皆さんはどれだけ貴い存在でしょうか、真の父母様にとって皆さんはどれだけ貴く誇らしい存在でしょうか。

 

真の父母様の似姿として

皆さん、継続して良心を中心として天の父母様について学び愛して、真の父母様の似姿になろうと努力しましょう。そして、成和学生同士仲良く為に生きて、世の中に天の父母様と真の父母様を伝えていきましょう。そのように努力していくと、皆さんは良心を通して、天の父母様も真の父母様もより近くに感じるようになります。皆さん、発表を準備しながらそのように感じたでしょう。
皆さん、そのような時、良心をもっと強くしていくのは、祈祷と訓読です。良心もお腹が空きます。皆さん、良心をちゃんと育ててあげなければなりません。ですから祈祷して、訓読しましょう。そして、良く分からない時は、天の父母様と真の父母様は私に何を願っておられるのか考えてみてください。そうすると、皆さんの良心は少しずつ少しずつ大きくなって成長していきます。
皆さん、最後に真のお母様が皆さんに対して語られたみ言を読んで終わります。
「皆さんは歴史以来最高です。皆さんがいて真の父母は幸せです。私は皆さんを誇りたいのです。皆さんが皆さんの夢を育てるために努力するすべての道に真の父母様の祝福と愛がいつも共にあることを忘れないでください。」

 

しっかりとこの言葉を覚えておいてください。皆さん、ありがとうございます。愛しています。

 

【2016年11月6日、“第20回全国中和文化祭中日本大会”の閉会式で語られた文妍娥様のみ言より抜粋・編集】

Category: み言の学校