Subscribe via RSS Feed

統一運動の未来世代が目指す姿

<成和学生会報2016年9月号掲載>

 

統一運動の未来世代が目指す姿

天地人真の父母様主管HJ天苑特別修錬会(2016 Global Top Gun Youth ※以後GTGY)が、統一運動の未来を担う世界の二世圏が集い開催されました。修錬会における日本側スタッフとして、修錬生と共に21日間歩むことができ、自身も真の父母様の大きな愛を受け成長することができました。振り返ると、この修錬会はどこまでも真の父母様の願いがあり、真の父母様の愛が投入された修錬会であったと感じます。特に日本から参加した270名程の中高生の感想文を読むことで、改めてこの修錬会が成和学生にとって何を意味していたのかを深く考えさせられました。

GTGYはまず第一に、二世が持つ“真の父母観”に大きな影響を与えた修錬会となったと感じます。修錬生は、HJ天苑(清平)で生活し、真の父母様から直接み言を受け、聖地巡礼を通して、また、修錬生を教育するために今回特別にまとめられた真の父母様の生涯路程を学びながら、真の父母様に対する理解を深めました。修錬会中には、幾度となく真のお母様から修錬生へアイスクリームやドーナッツ、ヘブンジーバーガーのプレゼントがありました。さらに、聖和4周年記念式典では、特別公演での歌とパフォーマンスを通して、真の父母様と共に心情文化を発信する役割を担いました。多くの修錬生が、“真の父母”という存在が写真や映像でしか触れることができない環境の中で持つようになった“偉くて遠い存在”から、“私の父母”として本心から慕う親への孝の心情が芽生える体験をしたと、感想文に書き記していました。この真の父母様を親として慕う心情体験は、世界から集った二世圏も同じであったと感じており、正に、世界の二世圏が真の父母様の直接の愛の投入により一つになった修錬会となりました。
そして第二に、二世圏の舞台が世界であることを実感した修錬会となりました。真の父母様は二世に対して三カ国語を使えるようになりなさいと指導してこられましたが、正に二世圏時代到来を、言語面から感じました。真の父母様が歩まれる舞台が世界であり、天の父母様が願われ真の父母様が成そうとされる世界が、世界を舞台にした統一家族世界であることが実感され、世界に対して目を向け実力を付けなければ!と志が芽生えるのがGTGYであると感じました。
そして第三に、どんなに言語や文化の違いがあり、また兄弟姉妹の葛藤が生じても、真の父母様がおられればすべてが一つになれる!という感覚こそ、今回の修錬会のクライマックスで修錬生全体が確信した内容ではないかと感じます。未来、今の二世圏が葛藤を乗り越えて真の父母様の下に本当に一つになって天一国を創建する種を、まさに真の父母様は修錬会を直接主管されながら準備されたのではと感じました。
真の父母様は、今回の2016GTGYの報告を受けられた後、すぐに2017GTGYに向けてもっと多くの二世圏を世界から集めたいという意向を示されたと聞いています。真の父母様と縦的連結を成した未来世代の構築に向けて、世界の二世圏が新しい出発を成した2016GTGYとなりました。

Category: ご父兄、二世担当者様へ