Subscribe via RSS Feed

段階別教育目標と成和学生部の取り組み

<成和学生会報2016年3月号掲載>

 

段階別教育目標と成和学生部の取り組み

3月に入り2015年度を締めくくる時期となりました。今年度において青年学生局では、右記の図のように統一教育論を中心とした段階別教育目標を立てて子女教育に取り組んでまいりました。そして、成和学生部においては、心情・規範・主管教育の目標を以下のように設定し取り組んでいます。

 

1)良心生活と神の子とID(アイデンティティ)確立

 良心が第二の神様であることを教え、その声に従う神様を中心とする生活習慣を身につけさせていく。このような良心生活を定着させ、天の願いを中心として自己を主管できる力を養い、神の子としての誇りを持って生活できるように導く。

 

2)兄弟愛成長と純潔遵守

親を模倣する習慣的信仰から、仲間と共に活動し切磋琢磨する共同体信仰を育む。神様のために共に投入する兄弟姉妹の感覚を養い兄弟姉妹の愛を成長させる。更に、為に生きる実践を通した人格教育を土台として、男女間の規範を守り理想家庭実現に向かって純潔を尊び守っていくように導く。

 

3)学力・才能向上と進路設定

み旨と社会に貢献する人材となるために、み旨として勉強に投入する動機を育てる。また、芸術・音楽・スポーツ分野では、神様を証しする一流を目指させ才能を磨いていく。み旨に繋がる自らの分野を策定し進路を定める準備をさせ、信仰指導と訓練を受ける所属希望先を明確にするよう導く。

 

 

上記の教育目標を、2020年まで変わらない成和学生部の普遍的教育方針として、それぞれ3つの戦略を立てて成和学生の教育に努めて参りました。
教育方針を軸として、①成和手帳・成和学生会報を全国共通の教材とした個別指導の強化、②友人や親族に心情文化を発信する中和文化祭の取り組み、③成和子女部・成和青年部との連携と合同企画実施を通した連結強化、の3つを特に強化していく推進項目としてきました。2016年度におきましては、2015年度における反省を踏まえて、改善を加えて取り組んで参ります。

Category: ご父兄、二世担当者様へ