Subscribe via RSS Feed

中和文化祭における公式4部門の取り組み

<成和学生会報2015年11月号掲載>

 

1996年より出発し、今年で第19回目を迎える全国中和文化祭は、成和学生のスポーツ・文化・芸術などの各種文化活動の総合的な祭典として始まりました。現在は、スポーツ部門が独立して成和学生大会として春に大会をおこない、秋には中和文化祭としてチャート原理講義・原理講義・スピーチ・エンターテイメントの4つを公式部門とする心情文化の祭典としておこなわれています。

 

中和文化祭における公式4部門の取り組み

【チャート原理講義部門】・【原理講義部門】

~創意工夫をして自らが作成したパワーポイントを用いた7分間のチャート原理講義~
~統一原理を深く理解し分かりやすく伝える10分間の原理講義~
主旨:成和学生が原理講義を通して、原理に対する理解を深め、対象に分かり易く原理を伝える力を養うことを通して、原理を学ぶことの重要性と学習意欲を高めることを目的とします。さらには、同世代の若者や社会に対して原理のみ言を伝えていこうとする積極的な姿勢を身につけていくことを目指します。①原理の内容を正確に理解してしっかりとした構成や展開を持って伝える“正確性と論理性”、②原理のメッセージを対象の心に響かせることのできる“み言を伝える内面的な力”、③講義をする際の姿勢(声・表情・ジェスチャー・板書など)として相応しい“講師としての態度”を講義のポイントとして評価します。

 

【スピーチ部門】

~“良心と成長”をテーマに情熱を持って語る7分間のスピーチ~
主旨:成和学生が“良心”をキーワードとして、生活圏(家庭・教会・学校など)や修錬会などの活動における成長体験を証しすることを通して、2015年度における成和学生部スローガン“良心革命を起こそう!成和学生”に対する意識の向上と理解の促進を目的としています。さらに、同世代の若者に良心に従って生きることの大切さを発信し、感化させていく積極的な姿勢を身につけていくことを目標とします。内容においては、良心を中心とする成長体験が具体的で共感でき、若者らしさや熱意・希望が感じられ、同世代の若者・青少年圏へ発信することができるスピーチを目指します。

 

【エンターテイメント部門】

~“忠孝”の持つメッセージを表現したオリジナリティー溢れる15分間のエンターテイメント~
主旨:真の父母様が天を愛する心情や姿勢を“忠孝”を表現したエンターテイメントにして発信し、“忠孝”の大切さや素晴らしさを伝え、真の父母様を証しすることを目的とします。より多くの成和学生が参加し、発表を準備する過程を通して真の父母様が立てられた“忠孝”という文化・伝統を成和学生自身の中に深め、さらに同世代の若者や多くの世代の人々に忠孝というメッセージを分かり易く表現して感動を与えていくことを目指します。

Category: ご父兄、二世担当者様へ