Subscribe via RSS Feed

成和手帳2015

<成和学生会報2015年3月号掲載>

 

成和手帳2015

2015年度版成和手帳が光言社より購入できるようになりました。2014年度におきましては6月下旬に在庫切れとなり、以後、2014年度版成和手帳を購入することができませんでした。2015年度は購入を希望するすべての成和学生が成和手帳を活用できるように、発行部数が増加されました。
成和学生部は、成和手帳を活用することによって、成和学生一人ひとりに対する“愛天・愛人・愛国”生活の個別指導が充実されることを目指していきます。2015年度版成和手帳の大きな特徴は、“愛天・愛人・愛国”という3つのキーワードを中心に、生活における目標を立てて、為に生きる実践と信仰生活を記録していく手帳となっていることです。“愛天・愛人・愛国”生活とは、真のご父母様が語られている“愛天・愛人・愛国”の精神に関するみ言をよく学び、そのみ言から神様が願う自分自身を目指して目標を立てて生活していくことです。そのために、2015年度は成和学生会報でも“愛天・愛人・愛国”に関するみ言コーナーを充実させ、成和手帳と併用して信仰生活を習慣化していくことができるように、構想を練っています。
また、2015年度版成和手帳には、学習記録を残していく欄や試験結果を記入しグラフにする部分も新たに加えられました。成和学生会に学習文化を定着させていく狙いがあります。これまで、“勉強はみ旨である”というスローガンを持って、Jr.STFの学習修錬会がおこなわれてきましたが、勉強に対する動機教育を成和学生部の教育として定着させ、成和学生会を通して勉強においても二世同士が切磋琢磨していく2015年度を描いています。

 

成和手帳活用の目的

成和手帳の活用を通して成和学生を教育していく目的は3つあります。それは、①“自己主管力”を身に着けさせること、②心情日誌を中心とする生活記録を通した良心(本心)の啓発、③全国一律の成和学生の教育の実現です。真のお父様が学生時代に「天宙主管を願う前に自己主管を完成せよ」と標語を立てて生活されたように、成和学生も手帳の活用を通して自ら計画し実践し反省しながら成長していくことのできる力を養っていきます。そして、信仰生活を記録することを通して自分自身の姿を客観的に見つめながら、日誌を書くことを通して良心(本心)との対話を訓練していきます。そのような信仰生活指導を全国一律化して、成和学生の教育を発展させようと考えています。
2015年度は、成和手帳と成和学生会報の活用を成和学生の全体教育に活かせるよう、取り組んでいこうと考えております。 好評だった第1回成和手帳グランプリに続いて第2回成和手帳グランプリも2015年度に計画しておりますので、どうぞよろしくお願いします。

Category: ご父兄、二世担当者様へ