Subscribe via RSS Feed

ボランティア力の向上

<成和学生会報2015年2月号掲載>

 

ボランティア力を活用した成和学生部の運営

 

ボランティア力を活用して教育を進めていくことは、成和学生部の運営においてとても重要です。なぜなら、成和学生部長と成和学生という、学校で例えるなら先生と生徒という図式では、中学1年生~高校3年生という幅のある学年をまとめることはとても難しいからです。さらに、成和学生は普段それぞれの学校に通っているので、まとまりのある学生団体として二世を教育するのは並大抵の教育力では成功することが難しいと考えます。そのため、成和学生部長と成和学生部をサポートするボランティアスタッフが協力して成和学生を教育していくことが、成功の秘訣となります。

 
ここで成和学生部におけるボランティア力とは、

 

①FE:フィールドエデュケーター(現場教育者の意味)

 

②父母会からのサポート

 

を意味します。

 

FEのボランティア力とは、FE選抜修錬会を通過してFEとなった青年FEと父母FEによる成和学生部へのサポート力となります。青年FEは、成和学生の先輩として学生たちと直接触れ合い、また若いアイデアや企画力で成和学生会をより魅力あるものへと発展させることができます。父母FEは、学生たちの送迎や修錬会の食当などを通して、より多くの成和学生が整った環境の中で教育を受けることを可能にしていきます。こうした父母FEのサポートが活性化することにより、父母会の成和学生部へのサポート力がアップし、より多くの成和学生を成和学生部へつなげる力と機会が増えていくと考えられます。

 

FEの輩出を通したボランティア力の向上

 
2014年12月~2015年1月の2カ月間にかけて、全国17会場にて第20期Jr.STF選抜修錬会が開催されました。それと同時に、青年および父母を対象にした第18期FE選抜修錬会が7会場にて開催されました。

 

FE選抜修錬会は、

 

①真の父母様の教育観の学習

 

②二世の心情体験

 

③教区を越えたFEネットワークの構築

 

を目的としています。

 

1泊2日で、選抜修錬会にチャレンジする中高生と同じように、原理試験や論述試験を受け体力意志力テストとしてマラソンをします。また子女教育概論を2コマ受講することを通してJr.STFプログラムの全体像や教育内容を学習します。講義は、父母と青年がグループになりディスカッションを踏まえながら進行していくので、世代を超えた交流と絆が生まれます。さらに、FEとなった後には、Jr.STF選抜修錬会のスタッフを経験することでJr.STFを通して成和学生部をどのように活性化させようとしているのかが分かるようになり、Jr.STF選抜へ挑戦する成和学生の教育をサポートできるようになります。

 
より多くの青年や父母のボランティア力で、成和学生部がサポートされることを通して、成和学生教育担当者の成和学生部運営力も向上していくと感じます。

Category: ご父兄、二世担当者様へ