Subscribe via RSS Feed

Archive for 7月, 2016

原理講論を読もう♪67

<成和学生会報2015年10月号掲載>SCAN_20150924_125107190

 

イエス様出生の摂理的な理由

先月号はイエス様の幼少期について勉強しました。神の子として、救世主として生まれたイエス様でしたが、その家庭の中では十分な愛を受けることができませんでした。本来であればヨセフを中心とした家庭がイエス様の公的路程の基盤となり、社会、国家へと進む道のりを作らなければいけなかったのですが、残念ながらヨセフはその責任を果たすことができませんでした。

実質的な未来の主人

<成和学生会報2015年10月号掲載>DSC_5469

 

真の父母様の夢

皆さんが70か国余りから集まった成和の若い勇士ですか。皆さんは実質的な未来の主人になるでしょう。

愛国~万物を愛する~

<成和学生会報2015年10月号掲載>5_12-1

 

聖塩で清める

 

真の父母がこの地に現れて、サタン世界に染まり、サタン世界の支配を受け、関係を持っていたものに接することはできません。神様はその痕跡も願われないのです。ですから、すべて燃やしてしまわなければならないのですが、そうすることはできないので、これを神側の所有物にするための一つの方法として立てたものが聖塩です。聖塩で聖別することによって、燃やされて残ったものを、天が新しいものとして受け継いで使用するのです。これが聖塩です。

信仰生活を定着させよう!

<成和学生会報2015年10月号掲載>

大元主任

 

毎日の信仰生活

皆さんこんにちは。お気づきの方もいるかもしれませんが、私は成和学生会報で『原理講論を読もう』を担当しています。

修錬会のスローガンと教育目標

<成和学生会報2015年9月号掲載>

 

修錬会のスローガンと教育目標

青年学生局成和学生部主催の修錬会は、統一思想の統一教育論に則り、心情教育・規範教育・主管教育をテーマにして、それぞれの修錬会をおこなっています。そして、それぞれの修錬会が目指す教育目的として、スローガンが立てられます。今夏も、青年学生局成和学生部主催で国内外の修錬会をおこないました。各修錬会のスローガンと教育目標を紹介します。

イスラエルの伝統を築いた人々 その4:ルツ

<成和学生会報2015年9月号掲載>c2b573ea

 

選民の系譜に刻まれた婦人

しばらく勇壮な士師たちの物語が続きました。ただ、イスラエルの伝統は、信仰深い婦人たちによっても築かれてきたことを見逃してはいけません。

原理講論を読もう♪66

<成和学生会報2015年9月号掲載>S__7028742-1edi

 

マリヤの懐妊

先月号ではイエス様の誕生について学びました。神様のひとり子として誕生したイエス様でしたが、まるで人目を避けるように馬小屋でお生まれになりました。それはヨセフという婚約者がいたにも関わらず、天使からの啓示を受けたマリヤが結婚前にイエス様を懐妊したことから始まりました。愛する婚約者が他の男性との間に子供をつくったことに大きなショックを受けたヨセフですが、天使の啓示もあり、お腹の子供を自分の子供であると周囲の人々に証言します。

真の父母様に似る生活

<成和学生会報2015年9月号掲載>DSC_4252

 

聖和3周年を記念して

(日本語で)愛する日本の食口の皆さん、こんばんは!私は、真のお母様の愛を伝えにきました。皆さん、愛しています!皆さんは真の父母様の希望です。皆さんを愛している真の父母様の愛を感じてください。私は日本語ができないのでここからは韓国語で話します。

愛人~言葉の重要性~

<成和学生会報2015年9月号掲載>3-9

 

話を聞いてあげなさい

愛の心、真実をもって接しなければなりません。話をするにしても、一日に良い言葉を3回ずつ継続して言ってみてください。良い言葉を言うと同時に、行動も3つの良い行動を、小さなことでもしてみるのです。あいさつをするにしても、心からありがたく思ってあいさつをしなければなりません。

未来に向かって躍動する成和圏となるために

<成和学生会報2015年9月号掲載>

佐野部長

 

志を立てることの大切さ

成和学生の皆さん、こんにちは!今年度から本部青年学生局に成和大学生部が新設され、全国各地で皆さんのお兄さんお姉さんが、成和大学生会を発足し、活動を始めています。今回は成和学生の皆さんに、大学生、青年、家庭という将来を見据えた上で、大切だと思われる内容をメッセージとしてお伝えできたらと思います。