Subscribe via RSS Feed

佐賀教区成和学生部

<成和学生会報2014年10月号掲載>IMG_9979edi

こんにちは!佐賀教区成和学生部です。
佐賀は、九州の北西部に位置し、日本本土では一番韓国に近い所に位置します。何よりも真のご父母様の願いである、日韓の懸け橋となる“日韓トンネル”出発の場所でもあります。
佐賀教区の学生部は、他の教区と比べて人数が3桁にもならない程の小さな教区です。雰囲気もアットホームで、皆伸び伸びしています。
そんな佐賀教区の一週間は、初級・中級・高級に分け、月・火・木の週3回のハングル学習会をおこなっています。各レベルに応じて一般の“韓国語能力試験”の3級~5級を取得し、上達しています。また佐賀は韓国と近いので、冬休みには韓国語学習メンバーで、フェリーに乗って韓国の釜山に行きました。お父様が歩まれた凡一洞の聖地を巡礼し、街を観光しながら韓国語や韓国文化に直接触れる企画もしています。
またCARPとも協力し合い、CARPの現役大学生は高校生を対象に、学生部スタッフは中学生を対象に学習会をおこなっています。土曜日早朝には青年部とCARPのお兄さんたちとサッカーをし、とても良い交流の場になっています。
金曜日は原理講義をおこなっています。そして、月初めにJr.STFローカルミーティングをおこないます。主に、講義、スポーツ、反省と目標決めをします。班体制を組み、成和手帳を使い、先月の反省と今月の目標を決め、皆の証しを聞きながら、生活プログラムを通してお互いに高め合っています。
長期休みは、修錬会や様々な企画などで忙しくしています。休みの日には、学生部スタッフや青年、中高生たちと、祝福家庭の家に泊まりがけでお邪魔したり、海で泳いだり、釣りをしたり、Jリーグのサガン鳥栖の試合を観戦しに行ったり、映画館に行ったりと、皆で遊ぶことも欠かしていません。
“天の父母様に侍り、純潔を守り、み言を中心として成長する”天の父母様の伝統と規範の枠の中で、兄弟姉妹としての情を交わし合い、伸び伸びと過ごし、日々成長しています。

Tags:

Category: 二世特集!