Subscribe via RSS Feed

決心と挑戦

<成和学生会報2014年10月号掲載>

 

今から決心しなさい

今、決心をすることにより、皆さんの一生におけるすべての問題が左右されるのです。今、決心したことを、40年、50年、60年の間忘れずに、夜も、昼も、食事をしている時も、休んでいる時も、寝ている時も、起きている時も、そこにすべての力を注げば、その人は、世界的な人物になるのです。
いくら天才的な人でも、大学を出て博士になった人でも、頭の七千分の一しか使っていないのです。それだけ頭は膨大だというのです。分かりますか。「私はもう年を取ったので、勉強ができない」というようなことは言わないでください。50年、60年、70年、80年、一生涯を懸けて、ある一つの分野を中心として、考えて、考えて、考えた時、全体の分野がその頭脳を中心として、その脳細胞を中心としてすべてに反応し、どんどん世界的な舞台へと拡大していくのです。本を読んでも、ぱっと一目見ればすべてが分かるのです。
ですから、皆さんは今のうちに、「私は善なる神様の息子、娘となり、統一教会の勇士となろう!」と決心しなければなりません。そのようにいくら決心したとしても、“私は来年、そのようになれる”ということではありません。30年、40年、50年が過ぎ、皆さんが80歳になった時に、世界的であり、歴史的な大人物になれる道が、門を開いて待っているのです。
しかも、統一教会の皆さんは、本当に幸福だと思います。ただ、走りさえすれば、果てしなく走れるし、飛ぼうと思えば、果てしなく飛ぶことができるのです。そうすることのできる舞台が、皆さんを待っているので、今こそ決心して、「どんなことがあったとしても、どんな美人や美男子が、邪なる誘惑をしたとしても、曲がることなく、40年を撃破しよう。60年を撃破して進んでいこう!」という決意を持って進めば、皆さんは歴史的な人物になるでしょう。何のことか分かりますか? 今までの歴史にない善なる人になるのです。

お父様の歩み

この先生も、そのように生きてきたのです。先生はどんな人かというと、誰に対しても負けることが嫌いなのです。先生は一度決心をすると、誰に対しても絶対に負けるのが嫌いなのです。皆さん、男性として生まれていて、なぜ負けるのでしょうか? 頭が悪いのでしょうか、体力が足りないのでしょうか? 努力不足で負けることは言うまでもないことです。
もし勝つために努力が必要であれば、勝つための努力を投入しなければなりません。知恵が必要であれば、知恵を投入し、時間が必要であれば、時間を投入するのです。どうして負けるのですか? 負けるということはおかしいことです。先生は一度こうと決心して、着手する日には、死を決心して、言葉なく最後まで推進していくのです。
そのように生きてみると、世の中は、「文なにがしが、ああした、こうした」と言いながら、悪い人だという噂が立って騒々しかったのです。しかし、約30年、40年、生きてみると、今では先生のことを世界中の人々が皆、知っているのです。アメリカなどでは、私がイギリスに行けば、「イギリスに行っている」と言い、韓国に訪ねて来れば、韓国に行っているということを知っているのです。
ですから、アメリカ大使館では、私がどこで何をしているかという報告を受けていることを、私は皆聞いているのです。それはなぜでしょうか? このような道を行くと、このような世界がつくれるし、このような世界を実現することができることを知っているからです。

生涯貫く決心

そのような基盤は、どこで準備されるのでしょうか。少年時代に決心したことを一生の間、どのような困難があったとしても、家庭が壊れてしまっても、子供が裏切ったとしても、父母が反対したとしても、国が裏切ったとしても、全世界が裏切ったとしても、神様が蹴飛ばしたとしても行くことです。そのように生きてみると、世界的な問題の人物として登場するのです。それは、悪い意味で問題の人物なのですか、それとも良い意味でですか。良い意味でです。そのような観点から見れば、皆さんの年代が、本当に貴いというのです。

【真なる子女の道p97-100より抜粋・編集】

Category: み言の学校