Subscribe via RSS Feed

成和学生部とJr.STFプログラム

<成和学生会報2014年9月号掲載>

統一教育論を形状化した教育プログラム

約2000年前、人類の身代わりとなって十字架の死を遂げたイエスの愛と赦しの福音は、弟子たちによって世界中に広がりました。イエス以前、“目には目を、歯には歯を”の同害復讐法によって、報いには同じ報いで償わなければならないというのが当たり前の時代でした。しかし、イエスは“赦す”という神の愛を教えたのです。以後、その価値観の下に世界が変わっていきました。
歴史を紐解くと、時代ごとに“当たり前”だったものが、ある指導者や運動によって変革されていく事象を見ることができます。
真のご父母様が世に立たれた現代、堕落世界が終わりを告げ、天の父母様が初めに思い描かれたみ言(ロゴス)による世界が再創造されていく時代となりました。それは価値観の転換を中心として、各界の分野において仕組みや構造に変化が顕れてくる時代です。
中高生教育を担う成和学生部と、その軸となるJr.STFプログラムでは、“統一教育論の形状化”をテーマに、教育の再創造に取り組んでいます。そのような真のご父母様から出発した教育を受けた二世・三世圏の中から、各界で活躍する青少年が誕生してくることを、願ってやみません。

覚醒・自律・主人・世界

今夏、Jr.STFプログラムでは、Green修錬会、Pink原理修錬会、White学習修錬会、White海外修錬会を開催しました。各修錬会は、お父様の蘇生期=緑、長成期=ピンク、完成期=白とのみ言を根拠とし、統一思想教育論の心情・規範・主管教育をおこなう修錬会として位置付けられています。
“個人の心情が神の心情と一致するようにする”心情教育をおこなうGreen修錬会は、実践訓練などを通して天の父母様との心情的出会いと信仰生活の出発・深化を目標とする修錬会です。多くの汗と涙を流しながら、天の父母様を中心とした真の人生へと“覚醒”していきます。
“夫婦となって家庭を形成する資格を備えるための”規範教育をおこなうPink原理修錬会は、原理学習、主の路程、純潔教育と信仰生活講座などを通して、原理観を育成し未来の相対を幸せにする自分を目指す“自律”を意識した修錬会です。
主管教育は、“知育、技育、体育を合わせた教育”“創造性を発揮するための手段を学ぶもの”であるため、中高生期の一番のみ旨となる勉強の天的動機を掴むためのWhite学習修錬会と、海外体験を通して視野を広げ摂理貢献へ向けた心情と創造性を啓発するWhite海外修錬会を実施しています。天の父母様の夢の“主人”となり、“世界”で活躍する人材を目指していく機会となります。
真のご父母様は、子女たちを常に公的な存在として愛していらっしゃいます。時に表面化する子女たちの課題や問題に捉われてしまう私たちですが、私たち自身が真のご父母様の似姿を目指す神の子となって、子女たちの個性と可能性を信じる歩みをしていきましょう。

Category: ご父兄、二世担当者様へ