Subscribe via RSS Feed

徳島教区成和学生会

<成和学生会報2013年2月号掲載>DSC00737②

 全国の兄弟姉妹の皆さん、こんにちは!

 四国の東に位置する徳島は、鳴門のうず潮で身のしまったタイやハマチ、豊かで澄んだ吉野川が育む米や野菜など自然の幸に恵まれたところです。

 徳島教区には3教会ありますが、春や夏の合宿研修会や恒例の剣山登山などの催しは徳島教会を中心に、“自然”に出掛ける企画を立てます。少し前には、夏期合宿で海岸に出て夜の祈祷会をしていたらウミガメの産卵に奇跡的に遭遇したこともありました。

 徳島では、伝統的に毎週土曜に“土曜塾”と題して、原理講習会を開いていますが、この一年は、大学生のFEの先輩方が、総序から再臨論までを一年がかりで講義してくれました。この他にも、私たちの学生会は、スポーツや清掃奉仕など青年部の先輩方と一緒に活動する機会が多くあります。また、昨年から、四国の4教区合同の青年スポーツ大会に高校3年生が共に参加するようになったり、毎週日曜の中高生礼拝の時に、青年部の皆さんの印象的な紹介マップが壁一面に張り出されたりして、お兄さんお姉さんたちが、より身近な存在に感じられるようになりました。

 昨年は、中和文化祭で、“神様父母様に感謝しよう!親孝行しよう!一つになって美を返そう!”をスローガンに地元徳島の伝統芸能である“阿波おどり”に取り組みました。腕に覚えのある父母の皆さんのご指導を頂きながら、カネや太鼓にヤットサーの掛け声で一つになって、みんなで西日本大会に出場することができました。今まで経験したことのなかった一体感と、内なる思いが表現できたという自信を得て、全員が感激し大きく成長できたと思います。神様、ご父母様そして応援してくれた四国の兄弟姉妹のみんなに心から感謝いたします。

 今年も、未来を担う成和学生らしく、信仰と学業の両立と共に、為に生きる人格の成長を目指して頑張ってまいります!

Tags:

Category: 二世特集!