Subscribe via RSS Feed

全国成和学生教育者研修会の報告

 10月22~24日、一心特別教育院にてスタッフ含め約100名の教育担当者が集い、“天の子女教育と持続的改善:次世代型二世教育に向かって”とスローガンを掲げ研修をおこないました。

2012年度上半期総括と長期目標 10/22

 初日は、佐野局長より開会における激励の辞を頂いた後、Jr.STFプログラムの夏季修練会に関して、国内と海外に分けて報告の時間を持ちました。特に海外修練会は、台湾で初めておこなわれた修練会に関しての報告がなされました。その後、各教区・教会からの上半期総括の発表をグループごとにおこないました。夕食を挟んで夜の時間は、堀副局長から“真のお母様のご指導と二世教育新路線への提言”、“ビジョン2020”について語られ、天一国40年(西暦2053年)の世界状況と統一運動の概観を前置きとして予測されながら、成和青年3万名時代の2020年までに、成和学生部として成すべき方向性を示されました。

青年への連結と持続的改善 10/23午前

 2日目午前中は、学生部の最終的成果である“連結”をテーマとし、昨年度卒業生の連結調査結果を共有後、持続的改善のプロセスを一部取り入れた形で、①改善項目選別、②現状と原因の把握、③改善方法考案の順に議論をしました。担当者同士の議論は白熱し、改善プロセスの学び以外にも、有益な示唆を得る時間のようでした。また、首都圏の成和青年部長との質疑応答の時間も持ちました。

成和学生VIP教育の徹底と心情文化活動の活性 10/23午後

 午後は、大嶋本部長より“非営利組織の経営と青年指導者としての成長”の講義を受け、研修の事前課題であった『非営利組織の経営』(P.F.ドラッカー著)の内容を深く学ぶ場となりました。その後、グループごとに規模別成功事例の共有をおこない、奈良教区の須山部長が全体を代表し、活動の報告をしました。奈良は在籍から見る礼拝参加率は9割近くになり、青年への連結率も非常に高い模範的教区です。成和学生VIP教育に則った、心情・規範・主管教育をバランス良く指導し、文化活動にも熱心に投入しています。夕食前は桜井部長より“祝福教育の展望”について説明を受け、夕食後は“心情文化活動の活性”説明の後、圓和道、天父報恩鼓、サッカー、合唱の4つの活動ごとに分かれ分科会をおこないました。

短期目標と教区目標・戦略の策定 10/24

 最終日は、“Jr.STFプログラム戦略2013”を共有し、各種案内として、成和青年部、成和子女部、CARP、鮮文大学より説明を受けました。そして、研修期間中に受けた内容を整理するために、教区(教会)別にプランニングシートを記入し、研修での学びを深め戦略を練る時間を持ちました。最後に閉会式をもって研修の全日程を終えました。

(成和学生会報2012年11月号掲載)

Category: ご父兄、二世担当者様へ