Subscribe via RSS Feed

真のお父様の“聖和式”を中心とする摂理

(一)真のお父様の“聖和式”の意義

 「神様の祖国が安着される今から、真の父母様の勝利圏で天国(天一国)に行く家庭は“昇華式”ではなく、“聖和式”にしなさい。」「聖和式があってこそ堕落以前の(アダムとエバが本来なすべきであった)真の父母完成になる。この位置が分かりますか?」 (天基2年天暦10月14)」と語られています。また、世界会長は「真のお父様の聖和日は2012年9月3日です。9+3=12です。12数は四位基台の各位が三段階の成長期間を通過して完成した数であり、真のお父様が完成して神様と一つになったことを象徴します。」と語られているように、真のお父様が地上における使命と責任を全て成し遂げ、勝利し、“聖和式”をされることよって、祝福家庭が神の直接主管圏である天一国に入国(入場)する道が開かれたと言えます。

(二)真のお母様を中心とした新しい出発

 新約聖書に、「信じた者の群れは、心を一つにし、思いを一つにして、誰ひとりその持ち物を自分のものだと主張する者がなく、一切のものを共有にしていた」(使徒4・32)と“初代キリスト教会”の様子が書かれている如く、自己中心の思考から神様を中心とした思考に転換し、自分のものを全て捧げ、共に分け合いながら一体となって、新しい愛の共同体を経験するようになりました。

 同様に、真のお母様が「私たちすべては真の父母様と真の家庭を中心として、和合と統一の心情文化共同体を築いていかなければなりません。(中略)私たちすべては、一つの父母を中心とする一家族心情共同体です。(中略)特にこのような摂理の大転換期には、私たちすべてが、真の父母様と一つにならなければならないことを肝に銘じてください。」と語られているように、真のお父様を霊界にお送りした今この時は、真のお母様を中心とし、真の子女様と私たち全祝福家庭、全食口が一つになり、統一家全体が“愛の共同体”としての“和合と統一の心情文化共同体”を築いていくことが切に願われています。

(成和学生会報2012年11月号掲載)

Category: 摂理史豆知識