Subscribe via RSS Feed

聖和辞②

愛する兄弟姉妹の皆様!

 真のお父様は2001年1月13日“神様王権即位式”を通して神様の解放と釈放の日を宣言された後、神様中心の新しい国“天宙平和統一国”を宣布されました。それとともに、真のお父様は2013年1月13日基元節がその始発点になるとおっしゃいました。

 真のお父様は「天一国は、二人の人が真の愛で一つになった国」であり、心と体が一つになった二人の人から出発するようになると明らかにされました。天一国、神様が太初に人間を創造された後、エデンの園になそうとされた共同体理想を実現しようとする、唯一無二の真の父母様のビジョンであり、真の愛を中心とする真なる自由と平和、統一、幸福の自由理想世界です。

 真のお父様は「基元節は神様を中心として侍り、新天新地を開き、永遠なる解放・釈放を謳歌される永生の新たなる日」として語られました。

 今、残った地上の課題は、天一国国民にならねばならない私たちの役割です。真のお父様が遺言として残された615巻のみ言選集を始めとする8大教材教本は、私たちが地上で価値ある生活を送るにおいての羅針盤となります。この教えに従い、実践するならば、天一国、即ち天の摂理の使命を持った一つの国家文化が創造されるでしょう。

 私たちは、偉大なみ言と真理、そして天一国のビジョンを真の父母様から相続しました。真の父母様の不屈の精神は、世の中に残っている全ての抑圧と、憎悪を屈服するために絶対に必要になります。そして、今は天一国の実体化のために総力を傾けなければならない時代です。

 今、私たちは真のお父様が全人類に見せてくださった、真の愛のモデル的人生とビジョンを中心とし、天一国創建のために死生決断、全力投球、実践躬行していかねばなりません。

 真のお父様は、2009年10月8日に宣布された、霊連世協会を中心に、今後霊肉界が一つとなり、永遠に私たちを指導され、最終一体となられた真のお母様をとおして、全ての摂理を仕上げられるようになるでしょう。今、真のお母様を中心に全ての統一家の兄弟姉妹たちが一つとなり、神様の最後の願いである実体的天一国完成と基元節の勝利のために邁進していかなければなりません。

愛する真のお父様!

 あなたは地上にこられて神様が願われる聖業を全て成されました!

 去る陽暦8月12日、病院から急に退院され、天正宮の至る所を回られた後、真のお母様と手を繋ぎ、最後に深刻な報告祈祷を捧げられました。その時、お父様は神様に「全て成しました!」と報告されました。そして、私たちに「全てを成した、完成した!」という意味の摂理的な数、“2012.9.3.01:54”を残され、永遠な世界に入籍されました。

 まるでイエス様が、マタイによる福音書18章18節で「あなたがたが地上でつなぐことは、天でも皆つながれ、あなたがたが地上で解くことは、天でもみな解かれるであろう。」と語られたように、真のお父様は創世以来、地上につながれた全てのものを解いてくださいました。

 そして、多くの諸々の霊人に基元節に先立って、天上の門を開かねばならない課題が残っておられました。天一国は、地上だけの天一国であるはずがありません。地上にある天一国が、天上にもなければならず、天上にある天一国が、この地上になければなりません。したがって、基元節であるD-day172日を残し、地上と天上に共に天一国をなさなければならなかったために、地上の課題は、真のお母様と祝福家庭に任せ、天上に向かわれました。

 2007年1月21日にも、「2013年1月13日まで全てのものを終わらせなければならない。私がその時まで生きられなくとも、このみ旨はその通りに成される。霊界に私が行き、全霊人に革命を提起できるようにする。」とおっしゃられたみ言が、今まで主人がなかった天上の門を開いて陣頭指揮なさると言われた意味を、真のお父様をお送りした今日になり実感が湧きます。

 従って、天暦2013年1月13日には、地上の真のお母様と天上におられる真のお父様が同時に天一国の基元節を宣布されるのです。そして、基元節宣布のファンファーレと共に、天上におられる“夜の神様”と地上におられる“昼の神様”の生きておられる歴史が開かれるのです。また、同時に新しい神様の時代が地上と天上に開かれるのです。

愛する真のお父様!

 真のお父様が旅立たれる前に、私どもの耳にタコができるほどおっしゃられた、“夜の神様”と“昼の神様”が一つになり、役事なさるというみ言を、今日になってやっと悟ることができました。私たちは、真のお父様がおっしゃったみ言の通りに、基元節まですべてを捧げ、死生決断、全力投球し、必ず勝利を成し遂げます。そして、神様と真の父母様がこの地上に願われる自由理想世界の国を創建して参ります。

 本日、全ての人類が、天国に向かわれる真のお父様をお送りしております。そして私たちは、真のお父様が一生を通して見せてくださった生き方と、教えに従うことを決意しております。私たちが、真のお母様と絶対的に一つとなり、侍りながら自由理想世界である天一国創建の先頭に立てるように役事してくださいますよう、切にお願い申し上げます。

 真のお父様!あまりにもご苦労が多くございました。お父様、あなたが残してくださった教えと真の愛に対する感謝を、どのように言葉で全てを表現できますでしょうか?

 真のお父様!愛しております!愛しております!愛しております!

【聖和式の時に亨進様が読まれた聖和辞より】

(成和学生会報2012年11月号掲載)

Category: み言の学校