Subscribe via RSS Feed

聖和辞①

満場の内外貴賓、天一国国民の皆様!

 今日、私たちは人類歴史上初めて、神様と真の父母様をお迎えし、天地人真のお父様の天宙聖和式を挙行する、神聖な場を共にしております。

 今日、この神聖な場は、神様が堕落人間を救援するために、この地に送られた救世主、メシヤであり、再臨主真の父母であり、万王の王であられる真のお父様が一生涯、神様の救援摂理を陣頭指揮なさり、地上生活を締め括り、霊界へ向かわれる、実に天宙史的な聖和の式典です。

 真のお父様は16歳の時、神様から天命を受けられました。その後、今まで神様の解怨と人類解放、そして恒久的な平和世界具現を旗印として掲げ、神様の聖業を完遂するために、ご自身の安易はもちろん、死までも辞さず生きてこられた93星霜のご生涯でした。そして遂に真のお父様は、天のみ旨を「すべて成した!」と宣言されました。それは神様の聖業を成功的に完成・完結・完了されたということです。今日、私はこの驚くべき勝利の基盤を押し堅め、成就された真のお父様に、感謝と賛美をお捧げするためにこの場に立ちました。

愛する内外貴賓、天一国国民の皆様!

 神様の願いは、完成した一人の男性と一人の女性を探し出されることでした。真のお父様は、真のお母様と共に神様の真の愛を相続され、人類の真の父母になられました。神様と真のお父様、そして真のお母様は、実体的な三位一体を成され、直径の子女を通して真の家庭を完成されました。

 そして真の父母様は人種と宗教、国家を超越して、世界の数多くの人々に祝福の恩賜を施されました。そして真のお父様は人類歴史上、誰も成すことができなかった祝福の伝統を立て、神様の下の一つの家族の理想をなされるようになったのです。

 このような真のお父様の路程と業績は、究極的に神様がエデンの園で実現しようとされた天の家庭を中心とする自由理想世界の芽を開かされたのです。

満場の内外貴賓の皆様!

 今日この場には、真のお父様が一生涯、世界平和運動をされながら因縁を結ばれた、現職及び前職の国家元首を含む、真のお父様とみ旨を共にした同志の皆様方が共におられます。真のお父様は、宗教活動以外にも政治、経済、社会、文化芸術、言論、教育、福祉など全ての分野に関心を持ち、世界平和のビジョンを提示されました。

 真のお父様の予言の中で、皆様方も記憶しておられる、1985年8月スイスジュネーブで開かれた、第二次世界平和教授協議会(PWPA)国際会議で共産主義終焉を宣言したことであります。また環太平洋時代を宣布されながら、環太平洋地域の島国が直面するであろう挑戦に対しても語られました。皆様は今、環太平洋一帯の島国を中心に起こっている事態を通して、その予言が的中していることを痛感されることでしょう。

 これは一つの代表的な例に過ぎないのです。現在まで出版された真のお父様のみ言選集615巻の中には、世界平和と人類の安寧のための数多くの予言と教えがあります。未来を開いていかなければならない私たちは、真の父母様のみ言と伝統を完全に相続し、世界の自由と平和のために戦わなければなりません。世界の安全と安保のために声を高めなければなりません。真のお父様のビジョンと偉業を相続した私たちは、自由の理想世界のために叫ばなければなりません。そして人々が、自由がどれほど大切なものであるのか、神様が私たちにくださった贈り物が、どれほど大切なものであるのかを悟らせてあげなければなりません。

 真のお父様のビジョンは、世界のすべての宗教指導者たちが、地球星の平和のために先に立たなければならないというアベルUN創設思想にそのまま込められています。真のお父様は自由と平和、統一、そして幸福を追い求めるためのアベルUNとアベル女性UNの創設を主導されました。これは神様のみ旨と人類の平和を阻害しようとする世界的な流れと思想に対して勝利するための具体的な実現機構なのです。

 したがってこれから全人類は、真のお父様が示してくださった教えと伝統をモデルとし、この地に真なる平和を実現し、自由理想世界の道へ進んでいかなければならないのです。

【聖和式の時に亨進様が読まれた聖和辞より】

(成和学生会報2012年10月号掲載)

Category: み言の学校