Subscribe via RSS Feed

Archive for 5月, 2014

神様と共に歩んだ父祖たち その3:ヤコブ①

<成和学生会報2013年3月号掲載>blessing

個性の違う兄と弟

 イサクの家庭に生まれた双子はやがて成長しました。兄エサウは「巧みな狩猟者となり、野の人となった」(創世記25・27)と聖書は記しています。これとは対照的に弟のヤコブは「穏やかな人で、天幕に住んでいた」(同上)とあります。

原理講論を読もう♪㊱

<成和学生会報2013年3月号掲載>Page0001

重生の意味

 先月号の最後の部分でイエス様が自らを「アブラハムが生まれる前からいた」と語った聖句を紹介しました。この聖句は“イエス様が神の血統をもって全人類を重生させる人間祖先として来られたため、摂理的に見れば堕落した血統を持っていたアブラハムの祖先にもなるのだ”と説明しました。それでは人類は何故重生しなければいけないのでしょうか?そして重生するためにはどうすればいいのでしょうか?今回はそこから考えてみようと思います。