Subscribe via RSS Feed

王であるキリスト その2 : ダビデ王②

迫害する者のために祈る

 

  イエス様はガリラヤ湖畔の丘の上で、弟 子たちに語られました。「平和をつくり出す 人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼 ばれるであろう。義のために迫害されてきた人 たちは、さいわいである、天国は彼らのもので ある。」(マタイ5・9-10)これに続き、「敵を愛し、 迫害する者のために祈れ。こうして、天にいま すあなたがたの父の子となるためである」(マ タイ5・44-45) とも教えます。

 

  その言葉の背後に、イエス様自身が迫害 を受けながらも、迫害する者のために祈っ て越えていかれたことをうかがわせます。 王の王として来られた神のひとり子は、本 来の権能を顕わすことができないまま、苦 労多き歩みを続けられました。

 

  イエス様の先駆者であるイスラエル王の 道も、決して平坦ではありませんでした。

 

サウル王に妬 ねた まれるダビデ

 

  ダビデは、神から選ばれて王として油を 注がれましたが、イスラエル王として人々 の前に現れるには、通過しなければならな い道がありました。初代イスラエル王のサ ウルは、神様のみ言を守れなかったために、 見捨てられたとしても、まだ正統な王とし ての地位を保っていました。

 

  しかし、神の霊はダビデに注がれ、反対 にサウルは悪霊に悩まされるようになりま す。ダビデはサウルに仕え、戦にも功績を たてることでサウルに認められ、その娘婿 になりました。彼は、国家の守りと発展の ため、ますます実績を立てていきます。

 

   人々は凱 旋するダビデを称てこう叫 びました。「サウルは千を撃ち殺し、ダビデは 万を撃ち殺した」(サムエル上18・7) 悪霊に 悩まされるようになったサウル王は、忠臣 ダビデを妬み、猜 さ いぎしん 疑心にさいなまれます。 彼が自分の地位を密かに狙っているものと 勘ぐり、殺したいとまで思うようになった のです。王から命を狙われる者となったダ ビデは、王の目を避け逃げ出すしかありま せんでした。

 

主が油注がれた者を

 

  ある日、ダビデを探すために出てきたサ ウルは、“ やぎの岩” と呼ばれるところま で来て、そこのほら穴に入って休みました。 そのほら穴の奥にはダビデと従者が隠れて いたのですが、従者は、サウルを殺すチャ ンスだとダビデを促 うなが しました。しかし、ダ ビデは、サウルの上着のすそだけを切って、 従者をいさめます。「彼は主が油を注がれた 者であるから、彼に敵して、わたしの手をのべ るのは良くない」(サムエル上24・6)

 

  ダビデが命をねらうサウル王に対して憎 しみを抱いていたとするならば、この場で 直ちに王を殺してしまうことは簡単でし た。しかし、ダビデは思いとどまりました。 王の上着のすそを切ったことさえ悔いたの です。

 

  ほら穴から出発したサウル王の背後から ダビデはこう叫びました。

 

  「人々はわたしにあなたを殺すことを勧めた のですが、わたしは殺しませんでした。・・・わ が父よ、ごらんなさい。あなたの上着のすそは、 わたしの手にあります。・・・あなたは、わたし の手に悪も、とがもないことを見て知られるで しょう。」(サムエル上24・10-11)

 

  サウル王もダビデの言葉と振る舞いに心 打たれ、許しを請 こ うてその場から立ち去り ました。しかし、しばらくして猜疑心が強 くなると、再びダビデを殺そうとして、同 じようなことが繰り返されたのです。

 

哀 悼の歌

 

  その後、ダビデは、王の手を逃れるため に、敵中に入りこみ、時を待ちました。や がて、イスラエルとペリシテの激しい戦闘 が再開したとき、サウル王とその子ヨナタ ンは攻め込まれ、ギルボア山で遂に非業の 死を遂げました。

 

  遠く離れて状況を見守ってきたダビデの ところに、サウル王の死の知らせが届きま す。王の死、兄弟のように愛したヨナタン の死を知ったダビデは深い哀しみを覚え、 彼らのために哀悼の歌を歌うのです。

 

  「イスラエルよ、あなたの栄光は、あなたの 高き所で殺された。ああ、勇士たちは、ついに 倒れた。」(サムエル下1・19)

 

  この後、神様は直ちにダビデに命じまし た。「上りなさい。」(サムエル下2・1)

 

  こうして、前任者から疎 うと まれ、敵の只中 で苦難を忍びながら、神様の訓練を受けた ダビデは、前任者を恨むことも憎むことも なく、かえって愛し許して、そのすべてを 相続することで、名実ともにイスラエルの 王として即位するのです。

 

  イスラエルの人々の心に刻まれたダビデ 王の生涯は、千年後に王の王として来られ たイエス様の心情の中に流れ込んでいくのです。

Category: 誌面説教